ごぼう、ごはんだよ。

ちゃとらネコ、ごぼうの日々。

事件は現場で起こる事実 その2

朝起きると、トイレにかわいいウンコがあった。

 

 

B案、成功!!!!

 

トイレのしつけに悩みを抱えた方達が

ネット上だけでも数えきれない程いるというのに

ごぼうはあっさりクリアしてしまったのだ。

怖い思いをしていただろうに・・・

賢いのか?それとも気を遣ったのか??

どちらにしても、花マル盛りだくさんでよくできました!!!

抱っこして讃える事ができなかったのが、残念で仕方ない。

 

 

ごぼうは、未だ粗相した事がない。

トイレのしつけについて、頭を抱えた事がない。

全てのにゃんこに対応するかは分からないけれど、

事前に自分のニオイを砂につけておく、というのは

飼い始めにはいい手なのかも・・・しれない。

 

 

とりあえず、2.3日はケージの中に居てもらいました。

ごぼうの好きな角度から、思う存分観察してもらおうと思ったのです。

私がいつも座るソファーと対面していたので、ついついこちらも見てしまいそうになったのですが、はちきれんばかりの関心を無関心という名の鎧で隠しました。

 

ただ、とにかく声だけはかけました。

どれだけ無視されようが

おはよう

ごはんだよ

トイレ掃除するよ

お仕事行くから、お留守番よろしくね

ただいま

トイレ行くよ

お風呂行くよ

おやすみ

これだけは絶対に伝えていました。

 

必ずはじめに

「ごぼう」

と名前をつけて。

 

出かける時と、寝る時以外はケージの扉は開けていました。

0歳児にはちょっとケージが大きすぎたのか、上るも降りるも一苦労な様子だったけど

3日も経てば、それなりに上手に上り下りしていた。

 

 

けど、そんな中

不安が焦りに変わっていた事があった。

 

 

ごはんを食べない。

 

 

友人からは、カリカリはもう食べるのと

ウェットは虫がたかり易いしから様子見でもいいんじゃないか、というのを聞いていたので、カリカリを与えていたのだけど

ほとんど食べてないのだ。

 

全くではないけれど、とても育ち盛りの食べ方ではない。

回虫も猫風邪ももう大丈夫だったけど、食べなきゃ大きくも強くもなれない。

トイレなんかより、ずっと問題だ。

 

水でふやかしたものは、カリカリ以上に食べない。

といか、見向きもしない。

ウェットを混ぜてみても、何口か食べて終了。

カリカリより高級品なのに、味が悪いのか・・・?

 

おおきなペットコーナーのあるホームセンターにごはんを探しに行く。

まだ、キャットフードの種類や内容をそこまで勉強できてなかったので

行ったはいいが、どれにすればいいか分からない。

人間の子供も、はじめは柔らかいものからだしな・・・と、

ウェットフードのコーナーへ。

 

私の中のキャットフード

ねこまっしぐらなやつか

ねこだいすきなやつと

スプーン叩く音でテンションあがるチンチラが食しているやつ

でしかなく、ぼーぜんとなってしまい。

プラス

仔猫用の種類が10%くらいしかなかった

ので

まっしぐらになってほしかったので、人間界でいうところの

老舗の味だと信じて、ねこまっしぐらを採用。

 

f:id:achabucks25:20170816175948j:plain

 

色んな味がありましたが、

お魚くわえたどら猫の歌を聴いて育った身なので

ここは自分のアナログ精神を信じて、まぐろ味にしました。

 

・・・というのは半分冗談で、ロイヤルカナンとSPECIFIC両方ともお肉味だったので

お魚味を選びました。

 

 

老舗の本領発揮か

それとも魚チョイスが正解だったのか

食いつきがとっても良かったです。

うちに来てから3日目にして

やっと、もりもりごはんをしてくれました。

 

カリカリと混ぜる事で、なんとかカリカリも食べる様になりました。

 

 

なかなか高級品だったSPECIFIC、決して悪いものではないと思うんです。

病院で販売する位なので。

ただ、本当にねこまっしぐらになってしまい、

5Pセットを買ったのに、活躍の場を完全に失ってしまいました・・・。

 

 

f:id:achabucks25:20170816184546j:plain

 

 

画像が荒いですが・・・

ちょっとずつ、ケージ内を動き回る様に。

 

 

ちなみに、カリカリのみでもりもりいくには

なかなかの時間を要しました。

 

バカ丸出しですが

ごぼうの目の前で、カリカリを食べてみせて

胡散臭いCMばりの「おいし〜い」を数回やってみましたが

全く効果ありませんでした。

ついでに

人間には全く美味しいものではありませんでした・・・。

 

 

 

事件は現場で起こる事実 その1

当時私は大阪に住んでいて、保護してくれた友人は京都。

ごぼうと会ったのは、病院の診察につき合った1回のみ。

本来なら、もっと触れ合ってトライアルみたいなのが必要だったりするのかもしれないですが、行き当たりばったりです。

ごぼうの知らない所で名前を決め、初対面で「お母さんだよ」宣言され

誕生日まで決めてしまいましたからね(笑)

 

 

迎えにいった日、案の定警戒されまくってなかなか姿を見せようとしない。

予想を遥かに上回る警戒っぷり。

 

 

友人にはこんな愛らしい顔を見せていたのだけど

f:id:achabucks25:20170723230523j:plain

f:id:achabucks25:20170723230539j:plain

 

 

 

私にはこれ。

f:id:achabucks25:20170723224443j:plain

 

ここまで素直に表現されてしまっては、もう笑うしかない。

 

「お前、誰やねん」

ってのいうのがダダ漏れ

 

抱っこまで辿りつく、という目標のもと

ひたすら放置プレイをした。

目標達成できたのは、そこから8時間くらい後だった。

 

 

 

 

 

生後3ヶ月のごぼうは

バイクに乗り、京阪電車、地下鉄と

様々な乗り物に乗って、大阪のわが家に到着しました。

f:id:achabucks25:20170723225412j:plain

 

疲れと恐怖(!?)で、覇気が全く見られない。

大丈夫だよ、としか声がかけられず、とにかく休ませてあげなければ、と

急いで何枚かのタオルで寝床を作る。

ケージの一番上がいいと聞いていたので、そこにしました。

(猫は高いところにいる事で、外敵がいないかを見たり、低い位置にいるものに優位性を示すそうです)

 

 

キャリーから出てこないかな、と思ったのですが

長旅で居心地も悪かったのか、すぐに出てきました。

部屋の隅に隠れ、なかなか出てこない。

このまま緊張状態を続けさせるよりかは、ケージの中に入れた方がいいだろうと

素人でも思える位に警戒していた。

 

疲れていようが、ごぼうにしたら身の危険と思える状況。

逃げる逃げる。

ようそんな一瞬にして、隠れられる場所を見つけるな!と感心した。

でも、感心してる場合でもない。

1時間程格闘(?)して、確保。

 

 

 

しかし

私にはもう一つやらねばならない事があった。

 

 

 

そう

トイレ。

 

 

ねこのトイレサインを見つけ、それとなくトイレに誘導しましょう。

みたいな事がどのサイトにも書かれていたのですが

フーシャー言うまではないですが、トイレサイン見つけたとしても

そんな簡単に運ばせてくれるかも分からない状態なので

このA案はナシ。

・・・という事で、職場の人が考案してくれたB案でいく事にした。

うちのトイレは砂ではなく、大玉。

なのでこの大玉何個かをごぼうのお尻にこすりつけました。

(もちろんソフトに)

 

会議室で解決する事件になるのか

現場で起こる事件になるのか・・・

 

 

終電で大阪に戻ってきたので、気づけば深夜2時を回っていたので

私もひとまず寝る事にしました。

 

 

 

グッズをそろえよう

友人から受け取った、必要なものリストを見て

ビックリしたものがあった。

 

 

ケージ。

しかも3段。

 

 

いろいろ見ていたサイトにも、仔猫にはケージがあった方が良いと書いてはあったけど

ねこをケージで飼っているのを見た事がなかった。

 

今でこそ、ねこの室内飼いは当たり前だけど、

私が子供の頃は、あまり家にいるイメージがなかった。

ごはんの為に帰ってきて、またどこかへ行ってしまう。

いわゆる放し飼いが当たり前だったので

果たして必要なのか?と思っていたから。

 

 

初心者は、経験者からまなぶべし、という事で

まぁそれは立派な3段ケージを購入した。

値段はピンキリ。

ネットで購入したので、正直何がどう違うのかは分からないけど

結局さいごの決めてはサイズなんじゃないでしょうか。

私は1万円ちょっとのものにしました。

 

f:id:achabucks25:20170724234953j:plain

 

サイズ感あまり伝わりませんが、ように2mはありました。

組立は30分程でできました。

当時の職業柄、ドライバーを使う事には全く抵抗ありませんでしたが、あえてドライバーを使わず組み立てるものにしました。

女性の方は、自分で組立が可能かどうかもしっかり見ておいた方がいいと思います。

 

 

 

次にトイレ。

ケージは値段で悩みましたが

トイレに限っては、値段より機能性!

ペット不可の物件の為、「音と臭い」これだけはなんとしても最小限にしたかったのです。

(ペット可に移っても、これは最低限のマナーですね・・・)

花王のデオトイレと悩みましたが

砂(というか玉)が肉球に挟まらない、飛び散らない、臭わないの三拍子レビューが非常に多く、このアイリスオーヤマのものにしました。

 

f:id:achabucks25:20170816143650j:plain

 

実際、使い勝手も良く未だ使用継続しています。

少々砂掛けの際の音が大きいかな・・・

なんせ砂ではなく玉なので・・・

 

 

最後は当面のごはん。

 

これに関しては、既に友人が病院で買って与えてくれていたものをそのまま継続する事にしました。

ロイヤルカナンのキトン(ドライ)とSPECIFICというデンマークのウェットフードの2種類。

f:id:achabucks25:20170816145112j:plain

f:id:achabucks25:20170816145122j:plain

 

 

ベッドなんかも悩みましたが

ケージにそのままタオルなんかを敷けば良い、と友人に言われたので

ごぼうが友人宅で使った全てのタオルをもらってきました。

自分のニオイ、大切よね。

おもちゃもお気に入りがあったので、そのままもらってきました。

 

 

 

 

右も左も分からないまま、

これでうちにお迎えしました。

 

 

今振り返ってみても、特に不便はありませんでした。

強いていうのであれば、爪研ぎくらいでしょうか。

うちは昔せっせと溜め込んだ、業務用のたまごケースを何十枚も重ねて

テーブルの足にしていたので、自然とそれが爪研ぎになっています。

なかなか頑丈で、これも未だに使っています。

 

f:id:achabucks25:20170816145859j:plain

 

部屋のインテリアに!と集めたものが、まさかこんなカタチで役に立つとはおもってもいませんでした (笑)

飲食店に勤務していたので、費用もかかってないですしね。

 

 

でも、最近はベッドにもなるタイプの爪研ぎがかわいいなぁと思っています。

 

 

 

 

はじめまして。

猫ブログ。

 

私自身、たくさん読ませてもらっています。

ねこ1年生の私にとって、ある意味、教科書だったりする。

いろんな猫がいるんやなぁと。

 

私が、このブログを始めようと思ったのは

自分とねこの成長記録。

・・・と同時に、これからねこ1年生になる方へ

なにかお伝えできればなぁという、図々しい思い。

 

 

** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** 

 

 

わが家のねこ、ごぼう。

満1歳、オスの茶トラ。

f:id:achabucks25:20170731223918j:plain

 

おすまし顔だけど、なかなかの甘えん坊。

でも、なかなかの甘え下手。

私がそうさせてしまったのかなぁという思いもあります。

 

またそれは、おいおい。

 

 

 

ごぼうは、京都市の桂で友人が保護してそれを私が譲り受けました。

保護・・・なんだろうか。

友人が働く店に、走り込んできたそうだ。

生後3ヶ月くらいで、汚れ方から飼い猫ではないだろうと友人は判断して

そのまま病院へ。

軽度の猫風邪、おなかには回虫。

すぐにうちへ連れて帰りたかったけど、わが家は受け入れられる状態ではなく

いろいろ買いそろえたり、友人との休みの関係で、そこから1ヶ月かかってしまった。

 

f:id:achabucks25:20170722185149j:plain

f:id:achabucks25:20170722185115j:plain

 

保護時のごぼう。

はじめてのお風呂の写真を見て

「ごぼう」という名前に決めた。

 

f:id:achabucks25:20170722235203j:plain

 

 

ねこ・・・というより

ほ乳類の世話をはじめてする私にとって

ここから毎日が学びとなっていきます。